院長紹介

  • TOP
  • 院長紹介

Staff

患者様のQOL向上が私たちの使命です

私たち医療従事者は、常に自己の技術と知識を研鑽し、最高の技術を患者様に提供することが求められます。松戸市の歯医者「東葛デンタルオフィス」では、患者様を悩ませている症状について深く理解し、その原因を追究して改善することに注力します。

当院は各治療の専門医と連携し、表面に出ている症状だけでなく患者様が自覚していない症状まで見つけ出し、健康に導いてまいります。

院長

日本歯科放射線認定専門医大塚 均 院長

経歴
1986年 神奈川歯科大学優秀論文賞受賞
1987年 神奈川歯科大学放射線科大学院卒
歯学博士(日本歯科放射線学会会員)
神奈川歯科大学非常勤講師、ハイドロキャスト法(Dr.スミス)
1989年 P.E.Mahan & H.C.Lundeen (TMD advanced course)
1990年 東京都杉並区にて開業(杉並区学校歯科理事)
ライオン歯科衛生研究所と杉並区小中学校の衛生活動に従事(8年間)
1992年 杉並区歯科医師会学校保健会理事(8年間)
1998年 正司研修会(TMDコース)
現在マレーシア大学、準教授 正司義信先生
他慶応大学付属病院、口腔外科講師 和嶋先生(AAOP認定専門医)
日本歯科放射線認定専門医
日本歯科医師会産業歯科医
杉並区学校保健会理事(2年間)
2003年 富士フィルム宮ノ台研究所内歯科室(副院長)
2007年

千葉県松戸市にて「東葛デンタルオフィス」開業

  • 藤本研修会、各米国歯科専門医:歯内療法、歯周病、インプラント、矯正と連携
  • TMD治療、慶応大学付属病院、口腔外科講師 和嶋先生と連携
  • 医科歯科大学病院口腔外科、口腔外科専門医 大山先生と連携
2009年 日本歯科睡眠学会会員
(筑波大付属病院、睡眠医学教授 佐藤先生と連携)
2010年 総合臨床研修会主宰
受講歴
1987年 ハイドロキャスト法(ドクタースミス)デンチャーコース受講
1990年 藤本研修会 咬合とクラウンブリッジコース1年間修了
(12期)Dr.藤本に師事
若林研修会 歯周病学コース6ヶ月修了
1991年 百瀬研修会 矯正M.T.Mコース6ヶ月修了
深田研修会 歯内療法コース数ヶ月修了
1998年 正司T.M.Dセミナー
フリアテック社インプラントコース修了
2005年 T.M.Dと頭顎部顔面痛コース6ヶ月修了
現在もアドバンスコース(3年間)修了
2012年 ペンシルバニア大学in Japan(歯内療法ハンズオンコース)
2016年 ドーソンアカデミー(咬合コース)

診療の際に心掛けていること

患者様は、虫歯や歯周病などさまざまな症状でお悩みのことと思います。痛みはもちろん、精神的にも大きなダメージを負っていらっしゃるかもしれません。当院のスタッフは、常に患者様の立場に立ち、患者様のお悩みに寄り添いながら、症状の原因を追究して軽減・消失へ導いてまいります。

また、お口の機能を回復させるための補綴処置においては、まずプリジット・義歯・インプラントがどのように違うのか、どんな優劣があるのかをしっかり説明した後にご希望を聞いています。

診療の際に心掛けていること
総合臨床研修会を主宰

総合臨床研修会を主宰

当院では、歯科医師を対象とした総合臨床研修会を行っています。インプラントの欠損補綴としての万能性やマイクロスコープの有効性など、日ごろからさまざまな疑問を抱えている歯科医師の方もいらっしゃるのではないでしょうか。ぜひ当院で、あるべき歯科治療について私たちと一緒に考えましょう。

実際、現在の歯科界の常識は、疑いの余地がゼロとは言い切れないのが事実です。常識を疑うところから、これからの医学の発展を目指していきませんか。

Staff

根本的な解決を図る「全顎治療」を採用

松戸市の歯医者「東葛デンタルオフィス」では、患者様のお口全体の傾向を把握して根本的な解決を図る「全顎治療」に取り組んでいます。患者様一人ひとりの治療内容に合わせて専門知識や技能を持った専門医と連携し、チームアプローチによって患者様のお口のトラブルを解決してまいります。

口腔内全体を診るトータル診療

口腔内全体を診るトータル診療

お口のトラブルは、症状が出た患部だけを治療する「対症療法」だけでは対処しきれません。当院では、患部だけではなくお口全体を一つの器官としてとらえて、患者様のお口の状況に合わせた治療を行うトータル診療「全顎治療」に対応しています。

矯正治療やインプラント治療を行う際にも、施術する箇所やその周辺だけではなく、お口全体を診たうえで適切な診断・治療を行うことで、機能も見た目も向上が期待できるのです。

噛み合わせが口腔内の健康を支えま

噛み合わせが口腔内の健康を支えます

歯科医療で重視しているのは、しっかりと咬める歯を取り戻す「噛み合わせの改善」です。噛み合わせを改善するということは、建物で例えるなら土台をしっかりと作ることに当たります。

インプラントや入れ歯、被せ物などが、どんなに高額で高品質であっても、土台である噛み合わせが乱れていれば決して十分な機能は発揮できません。どんな治療も、まずは噛み合わせの改善から始まるのです。

院長の考える長期予後

歯科治療において私たちが目指すべきものは、患者様のお口のトラブルを解消するだけの「対症療法」ではなく、治療後の患者様の健康なお口を長期にわたって保存することです。では、患者様がいつまでも健康を維持するために私たちは何をするべきなのか。その答えこそが「噛み合わせの安定」であると考えています。

私たちは、補綴物や入れ歯、インプラントなどを作る職人ではなく、口腔専門医として口腔全体から全身への影響や噛み合わせまでふまえた治療を委ねられた医師なのです。その思いをもとに、歯科医師を対象とした総合臨床研修会を不定期に開催し、歯科治療に必要なことを伝えるという役割にも注力しています。

院長の考える長期予後