歯周病治療|松戸市の歯医者「東葛デンタルオフィス」

  • お電話でのご予約047-360-6481
  • 千葉県松戸市|診療予約|東葛デンタルオフィス

歯周病治療

当院では専門医が歯周病治療を担当します

当院では専門医が歯周病治療を担当します

千葉県松戸市の歯医者「東葛デンタルオフィス」では、全顎治療の実現を目指し、専門医が連携するチームアプローチを行っております。細菌が原因の感染症である歯周病の治療はその最たるもので、お口全体の大きな構成要素となる歯茎や顎の骨を健康な状態にすることを目的とします。こちらでは、歯周病の怖さや進行段階、検査方法や治療についてご説明します。

「歯を失う原因第1位」成人の8割が罹患する歯周病の怖さ

「歯を失う原因第1位」成人の8割が罹患する歯周病の怖さ

歯周病はお口の感染症であり、日本では成人のうちおよそ8割が罹患、もしくはその予備軍であるといわれており、「歯を失う原因」の第1位でもあります。

歯周病は、プラーク(歯垢)内にすみついている歯周病菌が歯茎に炎症を引き起こし、その後、歯を支える顎の骨を溶かし始めて、最終的には歯が抜け落ちてしまう感染症です。重症化するまでほとんど自覚症状がないため、気がついた時には手遅れであるというケースも少なくありません。そのため、日常的なケアを心がけることはもちろん、定期的に検診を受けて早期発見・早期治療が重要です。また、歯周病は免疫力と密接な関わりがあり、免疫力が低下すると発症しがちなため、日頃から健康を意識することが歯周病対策には効果的です。

専門医と連携を取って歯周病治療を行っています

東葛デンタルオフィスでは、専門医との連携によるチームアプローチを行っています。当院が中心となって治療計画を立案し、歯周病治療専門医と連携して高度で継続的な治療をご提供しています。当院の歯周病治療は、藤本歯科医院の藤本浩平先生に担当していただいています。

藤本院長のアドバイス

※コメント依頼中

藤本院長のアドバイス

※藤本院長について詳しくはこちら

インプラント
歯周病の検査方法
ポケット検査 動揺度検査 レントゲン検査 細菌検査
ポケット検査 動揺度検査 レントゲン検査 細菌検査
歯と歯茎との間にある溝を「歯周ポケット」といいます。この溝をプローブという器具で測定し、どれくらい深くなっているかで歯周病の進行度を測定します。 顎の骨が歯周病で溶かされると歯を支えきれなくなり、グラグラと動きます。動揺度検査では、歯をピンセットでつまみ、上下左右などの動きを確認します。 レントゲン撮影をし、歯と顎の骨の状態を確認します。骨の溶け具合や範囲によって進行度を確認することができます。 お口の中に潜む細菌の種類と数を調べます。歯周病のタイプがわかることで、さらに的確な診断と治療につながります。

歯周病の進行段階

進行段階 症状 治療法
歯周病初期(歯肉炎) 歯周病初期(歯肉炎) 歯茎に赤い腫れが見られます。歯周ポケットも少し深くなっています。ブラッシング時や食事の際に出血することがあります。痛みなどの自覚症状はありません。 歯周病の基本治療は、プラークコントロールにあります。日々の適切なブラッシングで歯石の元となるプラークをしっかり取り除きます。セルフケアに加えプロケアも組み合わせて口内環境を整えます。
軽度歯周病 軽度歯周病 炎症が顎の骨まで進行しています。歯周ポケットはさらに深くなり、出血や腫れが気になるようになります。口臭が出始めるのもこのころから。 歯周ポケット内部に入り込んでいるプラークや歯石を専用の器具(スケーラー・キュレットなど)で除去します。スケーラーで歯にこびりついた汚れを取り除いた後、キュレットで歯の表面を滑らかにし汚れの再付着を防ぎます。
中等度歯周病 中等度歯周病 炎症が拡大しており、歯槽骨(しそうこつ=歯を支える顎の骨)が溶かされてきています。歯を指や舌で触るとグラグラし始めます。 局所麻酔を施し、歯周ポケット深くの歯面にこびりついたプラークや歯石を専用器具で取り除きます。
重度歯周病 重度歯周病 歯槽骨の大部分が溶かされています。歯はグラグラして今にも抜け落ちそうです。歯茎の膿や強い痛み、口臭もあります。 局所麻酔のうえ、歯茎を切開して顎の骨や歯根から歯肉をはがし、歯肉で見えないほど深くの歯の表面に付着したプラーク・歯石・感染組織を除去します。
症例紹介
症例紹介
症例紹介

当院では歯を残すことを前提に歯周病治療を行います

当院では歯を残すことを前提に歯周病治療を行います

歯のグラつきが起こると、周囲の歯がそれをカバーするために移動してしまい、歯並びや咬み合わせに乱れが生じます。この状態を放置したまま歯周病がさらに進行すると、歯のグラつきが悪化して最終的に歯が抜け落ちます。

入れ歯やブリッジ、インプラントなどの人工歯を使えば、失った歯の機能を回復することは可能です。しかし、どんなによい材質を使っても人工歯では天然歯の機能には及びません。「咬む」という歯の機能を最大限に発揮できるのは、やはり天然歯なのです。生涯にわたって自分の歯で食事や会話を楽しむためには、歯周病治療においても天然歯を残すことが重要です。

当院では、専門医と連携し、できるだけ患者様自身の歯を残す治療を行います。しかし、症状が進行するにつれて歯を残すことは困難になります。そのため当院では、早期発見・早期治療ができるよう定期的に検診を受けていただくことをおすすめしています。ご自身の大切な歯を守るのは、ご自身の心がけにほかなりません。歯周病の不安がある方、治療をお考えの方は、お気軽に当院までご相談ください。

診療予約はこちらから
文字サイズ
標準
大
PAGE TOP