根管治療|松戸市の歯医者「東葛デンタルオフィス」

  • お電話でのご予約047-360-6481
  • 千葉県松戸市|診療予約|東葛デンタルオフィス

MENU

根管治療 根管治療
Root

大切な天然の歯を抜歯せずに残す治療~根管治療~

大切な天然の歯を抜歯せずに残す治療~根管治療~

虫歯の治療は、虫歯によって溶かされた部分を削り取り、人工の素材で歯質を補う処置が基本になります。しかし、虫歯が歯の中を通る歯髄(しずい=血管や神経の通り道)まで到達してしまうと、歯質を補うだけでは症状を緩和することができません。感染し、壊死してしまった神経を取り除く根管治療(こんかんちりょう)が必要になります。根管治療は、歯の根の中まで及ぶため精密さが要求される治療です。こちらのページでは、千葉県松戸市の歯医者「東葛デンタルオフィス」が、根管治療についてご説明します。

当院では、保険での根管治療は行っておりません。

根管治療における自費診療と保険診療の違い

当院では「自費診療」での根管治療を行っています。
根管治療とは、根管内の感染部位を除去することですが、根管内は神経や血管が非常に細かく分岐しているため「肉眼」のみでは、十分な治療をする事が難しいと言われています。

自費診療の根管治療では、拡大鏡やラバーダムを使用することにより、唾液や細菌の侵入を防ぎ感染部位の再発リスクを低減します。
当院の自費診療は1回の治療時間が(90分~120分)と長くなりますが、2~3回の治療で終了となります。

一方、保険診療の根管治療は、常に手探りの治療となるため、治療期間が2~3ヶ月かかることもあります。
保険診療のように治療が長期間になると感染部位に触れる回数が増える事で感染リスク、再発リスクが高まります。
その為、根管内の洗浄、消毒を徹底的に行うことが重要です。
更に、感染部位をしっかりと除去することができれば再発リスクの可能性は低くなります。

その為、当院では自費診療での根管治療の際、「治療期間が短い」「再発しにくい」ということが最大の特徴である根管治療を実施しています。

治療費(消費税別)

診査・診断・カウンセリング料 5,000円/30分(レントゲン・口腔内診査含む)

  根管治療 再根管治療 歯内療法外科
前歯 80,000円 100,000円 120,000円
小臼歯 100,000円 120,000円 140,000円
大臼歯 120,000円 150,000円 170,000円

※表は左右にスクロールして確認することができます。

直接法による支台築造 ポストなし 10,000円
暫間冠の作製・修正を必要としない症例 ポストあり 25,000円
根管内異物除去 1本 30,000円
穿孔修理 1歯 30,000円
生活歯髄療法 1歯 40,000円
根管治療歯の漂白 1歯 30,000円

医療費控除について 詳しくはこちらをクリックしてください >>

医療費控除について

東葛デンタルオフィスでは、保険外治療のお支払いにカードやデンタルローン(アプラス)もお選びいただけます。
また、支払った医療費のうち一定の金額を所得から控除する「医療費控除」についても下記のようになっています。詳細はスタッフまでお気軽にお問い合わせください。

医療費控除の対象となる医療費の要件

対象となる医療費は、本人、本人と生計を一にする(お財布が一緒という意味です)家族のために、その年の1月1日から12月31日までに実際に支払ったものです。
未払いのものは請求書があっても対象とならないので注意しましょう。

医療費控除の対象となる医療費の要件

インプラント治療の医療費控除の金額は?

医療費控除額の計算式

実際に支払った医療費の合計額 ー (保険などで補填される金額※1 + 10万円※2)
= 医療費控除額(上限 200万円)

※1 生命保険・医療保険契約などで支給される給付金
※2 その年の所得の合計が200万円未満の人は、10万円ではなく所得の5%の金額となります。

医療控除を受けるための手続き

医療費控除に必要な書類

  • 確定申告書
  • 医療費の領収書
  • 源泉徴収票

医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を提出してください。医療費控除は年末調整では受けられないので、サラリーマンの方でも確定申告が必要です。

その際、医療費の支出を証明する書類、たとえば、領収書などについては、確定申告書に添付するか、提示することが必要です。また、給与所得のある方は、このほかに源泉徴収票(原本)も必要です。

※ ご夫婦共働きの場合には、所得税率が高いほう(所得の多い方)から控除したほうが得になります。所得税率が同じ場合は、どちらかの所得が200万円以下であればその人が控除を受けたほうが得になります。

歯を残すための重要な治療~根管治療~

根管治療は、お口全体にとってリスクが高い抜歯を避けるために欠かせない治療法です。これまでは抜歯せざるを得なかったような重度の虫歯でも、歯の根っこを残せる根管治療によって歯を失うリスクを低く抑えられるのです。失った歯を人工歯で補う入れ歯やブリッジ、インプラントといった補綴治療が必要になりますが、時間も費用もかかります。

根管治療の流れ
STEP1感染した神経の除去 感染した神経の除去
STEP1感染した神経の除去根管内から虫歯に感染した神経や血管などを除去します。取り残しがあると再発するおそれがあるため、慎重に行います。
矢印
洗浄・消毒 洗浄・消毒
洗浄・消毒根管内に虫歯菌が残らないよう、洗浄・消毒します。
矢印
STEP3
薬剤充填 薬剤充填
STEP3
薬剤充填根管内に薬剤を隙間なく充填し、新たに細菌が侵入することを防ぎます。
矢印
STEP4
土台づくり土台づくり
STEP4
土台づくり歯の根っこに、被せ物の土台となるコア(芯)を立てます。
矢印
STEP5
被せ物装着被せ物装着
STEP5
被せ物装着土台の上に人工素材の被せ物を装着し、周囲の歯との干渉や咬み合わせを確認します。

根管治療が必要なケース

見た目にわかりやすい重度の虫歯だけではなく、次のような症状がある場合にも根管治療が必要となることがあります。

  • 冷たいものを口にするとしみる
  • 何もしていなくても激しい痛みがある
  • 歯を咬み合わせたときに痛みがある
  • 歯茎に腫れがあり、指で押すと痛い

根管治療を行った歯でも、内部で何らかのトラブルが起こっている場合があります。

既に根管治療を行っている歯 痛みはないが違和感がある
根管治療で神経を除去した歯でも、内部に膿がたまったり炎症が起こったりしている場合には再治療が必要になるケースがあります。以前の治療で感染した神経などを除去しきれていなかった、薬剤の充填が不十分で細菌が入り込んでしまった可能性があります。 通常、虫歯の進行につれて激しい痛みを伴うようになりますが、ごく稀に痛みがないまま虫歯が進行するケースもあります。こういった場合、痛みではなく「咬み合わせの違和感」が主な自覚症状となります。

虫歯が自然に治ることはありません。放置した虫歯は必ず悪化し、歯を失う原因になります。歯を失うことにはさまざまなリスクがありますので、早期に対処できるよう、お早めに当院へご相談ください。

ラバーダム防湿を使用します

ラバーダム防湿を使用します

当院では、根管治療を行う際に「ラバーダム防湿」を使用いたします。
治療する歯の部分だけをゴムのシートで隔離し、唾液や浸出液などに多く含まれている細菌が、
根管部分に侵入するのを防ぐことができます。
また、器具の誤飲などを防ぐために行うための治療方法となります。

ラバーダム防湿の使用率

アメリカでラバーダム防湿の使用率は90%以上に対し、
日本では根管治療を専門に行っている医師であっても使用率は25%ほどになります。

ラバーダム防湿の使用は根管治療の成功率にも大きく左右されるため、当院ではラバーダム防湿を使用しております。

症例紹介

症例紹介症例紹介
症例紹介症例紹介

根管治療でも咬み合わせを考えた治療を行います

千葉県松戸市の歯医者「東葛デンタルオフィス」では、咬み合わせを重視した根管治療を行っています。虫歯治療での詰め物・被せ物の装着時はもちろん、根管治療の際にも咬み合わせを守ることを徹底しています。歯本来の「咬む」機能をきちんと回復させることが、お口の健康寿命に非常に重要だからです。

なにより重度の虫歯になる前の処置が大切です。虫歯の痛みでお悩みの方は、1日も早く当院へご相談ください。高い技術を持つ専門医が再発しにくい根管治療を行いますので、安心しておまかせいただけます。

診療予約はこちらから
文字サイズ
標準
大
PAGE TOP