根管治療

  • TOP
  • 根管治療

Root

東葛デンタルオフィスの診療の流れ

重度の虫歯になると抜歯が必要になることがありますが、そんな危機から歯を守る治療法が「根管治療」です。根管治療は、歯の神経が入っている管(根管)から虫歯菌に汚染された組織を除去し、内部を消毒して薬を詰めたうえで被せ物を使ってふさぐ治療です。

虫歯が進行して歯の神経まで感染すると、歯の神経は死んでしまい、歯は抜け落ちてしまいます。しかし、根管治療を行うことで重度の虫歯でも抜歯せずに残せる可能性があるのです。松戸市の歯医者「東葛デンタルオフィス」では、歯を残すための根管治療に対応しています。

米国歯内療法学会認定専門医が治療を行います

  • 米国歯内療法学会認定専門医が治療を行います
  • 米国歯内療法学会認定専門医が治療を行います

根管治療は、非常に小さく複雑な形状をした患部の外科手術であり、難易度が高い治療です。当院では、より安全かつ確実に根管治療を行うために、難症例の場合は根管治療の専門家である「米国歯内療法学会認定専門医」の資格を取得した医師が治療を担当しています。

米国歯内療法学会認定専門医とは、専門的な特別なプログラム卒業し、専門医として治療や研究、教育を行なってきた医師に与えられる資格です。根管治療の専門家が患者様の症状をしっかりと確認し、患者様一人ひとりに合わせた適切な治療を行います。

※基本的には根管治療は当院で行い、難症例の場合は石井歯科医院にて治療を行います。

石井歯科医院 石井宏

藤本歯科院 藤本浩平

所属など ペンシルバニア大学非常勤講師
神奈川歯科大学非常勤講師
ペンシルバニア大学大学院歯学部学生最優秀指導賞受賞
ペンシルバニア大学大学院歯科医師卒後研修優秀指導賞受賞
オフィシャルサイト http://www.tokyo-endodontist.com/

専門医が行う治療

生活歯髄療法 虫歯菌に侵された歯の神経のうち、全部もしくは一部を保存するための治療。
抜髄処置 虫歯菌に侵された歯の神経をすべて除去し、細菌感染が拡大するのを防ぐための治療。
感染根管処置 歯の神経が入っていた箇所に入り込んでいる細菌を除去するための治療。
再治療 以前に根管治療を行ったものの、再発してしまった場合に行う治療。
外科的歯内療法 一般的な根管治療では対応しきれない難症例に対して行う外科的な治療。
ラバーダム防湿の使用

ラバーダム防湿の使用

根管治療を行う際に、唾液などに含まれる細菌が患部に入り込まないように使用するゴム製のシートを「ラバーダム防湿」と言います。当院では、治療の安全性を高めるためにラバーダム防湿を採用しています。

ラバーダム防湿を使用することで根管治療の成功率は大きく高まりますが、日本でのラバーダム防湿の使用率は25%程度しかありません。当院では歯科先進国に習い、ラバーダム防湿を活用することで、治療の成功率を高めています。

当院では保険での根管治療は行っておりません

歯科治療には「保険診療」の治療と「自費診療」の治療があり、保険診療の場合は費用負担が少なくなる代わりに指定された機材や治療法でなければ根管治療を行うことができません。治療の安全性を高めるためのラバーダム防湿も拡大鏡も、自費診療の範囲になってしまうため、保険診療で根管治療を行うには、肉眼で数ヶ月かけて進めるしかなく、体の負担が大きいうえに再発の危険もあるのです。

そこで当院では、治療をより安全・確実に行うために保険診療の根管治療は行わず、すべて自費診療としています。自費診療の根管治療であれば、2~3回の治療で終了となるほか、再発の危険も大幅に抑えることが可能です。

当院では保険での根管治療は行っておりません

症例紹介